MACDの使い方講座!(GC・DC・ダイバージェンス)

 

どうもキャッツ男節と心の声さんです!

 

今日は、MACDというインディケータの使い方について説明していくよ。

 

(心の声さん) 頑張れよっ!

 

Ⅰ.MACDとは?

 

MACDとは、ジェラルド・アペルという人物によって開発されたテクニカル分析方法なんだと!

移動平均線を改良した方法だから移動平均線と同じようにゴールデンクロスやデッドクロスが出てくるよ!(グランビルの法則は無いよ~!)

 

(心の声さん) グランビルの法則はロウソク足があって成り立つからね!

 

Ⅱ.MACDの主な利用方法!(GC・DC)

 

MACDのゴールデンクロスとデッドクロスの見つけ方は簡単で、次の画像をみちょぱ!

 

f:id:Triangles:20181008072759p:plain

 

MACDのゴールデンクロスとデッドクロスの見つけ方は、MACD線とシグナル線がクロスしたところ!

 

(心の声さん) 見てわかる通り、MACDの方が移動平均線よりも少し早い段階で合図が出ているよね!

 

また、MACDにはMACD線とシグナル線の間隔の開き具合を表したMACDヒストグラムという棒グラフがあって、この棒グラフからもゴールデンクロスとデッドクロスを見つけることが出来るんだ!

その方法は、0ライン(MACDヒストグラムの色が変わる境界線)をクロスしたとき!

 

(心の声さん) でも、先に説明したMACD線とシグナル線がクロスした時と同じタイミングでゴールデンクロス・デッドクロスが分かるから見やすい方を選ぶといいよ!

 

でも、このMACDを使ったゴールデンクロスとデッドクロスでの取引には欠点があるんだよね!

 

(心の声さん) そうそう!説明しちゃれぃ!

 

MACDでは、横ばい(レンジ相場、値幅が小さい)の時にダマしのシグナルが出やすいのと、急激な値動きに対応できないんだ!

 

(心の声さん) 移動平均線を基にしているからこういうことが起きちゃうんだよね……。

 

だから、MACDだけを判断材料としてトレードするのではなくて、複数のテクニカルと組み合わせてトレードするように!

 

(心の声さん) いいね!いいね!ぽくなってきたじゃん!笑

 

Ⅲ.MACDの主な利用方法!(ダイバージェンス)

 

MACDでは時々ダイバージェンスというものが起こるんだ!

 

ダイバージェンスの説明をするから次の画像をみちょぱ!

 

(心の声さん) みちょぱマイブームかよw

 

f:id:Triangles:20181008080958p:plain

 

上のロウソク足の方では、前回安値と底値を線で結ぶと下方向に線が引けるよね?

それに対してMACDの方では、前回安値のところと底値のところを線で結ぶと上方向に線が引けるよね?

このように反対の動きをしていることをダイバージェンスっていうんだ!

 

(心の声さん) エル・プサイ・コングルゥ~!ゴホンっ。テストに出ますからね。

 

このダイバージェンスが出た後は大きな動きが来る可能性が高いという合図でもあるから見逃さないようにしよう!

 

(心の声さん) 損小利大のチャンスだね!

 

以上で一通りMACDの説明は終わりかな?

(一回、この記事を書き終えて公開しようとしたらパソコンがフリーズしてさ、再起動かけたらデータ吹っ飛んでた……。もう一度最初から書き上げたよ。途中で保存しなきゃダメだなw)

 

ではでは。

 

出演

・キャッツ男節

・心の声さん(同一人物)